大阪市都島区都島本通の内科・外科なら「祐クリニック」へ。当院は地下鉄谷町線「都島」駅出口1から徒歩5分の所にございます。内科の病気や外傷・熱傷などの外科治療などでお困りの方、在宅医療やがん緩和ケアをお考えの方、お気軽にご相談ください。

腹痛

祐クリニック公式ブログ「ゆうだより」です。院長・看護師・スタッフより、クリニックのこと、からだのこと、治療や看護のことなど、ときどきの気になるテーマについてお届けしています。

腹痛

色々な病気によって、腹痛は生じます。代表的な病気をあげます。

  • 胃炎
    • みぞおち(心窩部)の痛みです。
    • ストレスや暴飲暴食が原因のことが多いです。
    • 吐き気、嘔吐を伴うこともあります。
  • 腸炎
    • 下痢を伴うことが多いです。
    • ウイルスや細菌が原因の感染性腸炎や、体力低下による腸炎があります。
    • 下痢止めをのんで、安易に下痢を止めてしまうと危険な場合があります。
  • 胆石・胆嚢炎・胆管炎
    • 右のあばらの下(季肋部)が痛むことが多いです。
    • 発熱を伴うこともあります。
    • 脂っこい物を食べた後に痛む場合があります。
    • 手術や内視鏡を用いた治療が必要になります。
  • 大腸憩室炎
    • 右下腹部が痛む場合が多いです。
    • 発熱、血便を伴うことがあります。
    • 次の急性虫垂炎との区別が難しい場合があります。
    • 憩室炎は手術する可能性の低い病気ですが、虫垂炎は手術になる可能性の高い病気です。
    • 痛みの経過、お腹の触診所見、血液検査、超音波検査などによって、的確に診断します。
  • 急性虫垂炎
    • 一般的には「盲腸」と言われます。
    • 当初、みぞおちの違和感や悪心を自覚します。数時間後から右下腹部痛が出現してきます。
    • 手遅れになると、腹膜炎を併発し、手術を行っても治療期間が長くかかりますので、早期診断が重要になります。
    • 早期診断すれば、手術しないでも軽快することが多いです。
    • 当院では、超音波検査で腫大した虫垂を証明すれば、急性虫垂炎と診断できます。
  • 消化管穿孔
    • 胃潰瘍や十二指腸潰瘍が穿孔(穴があくこと)して、お腹の中に消化液や食べた物が漏れる状態のことです。
    • 発症は突然のことが多く、症状は激痛です。
    • 直ちに、診断をして、手術のできる病院で治療を受ける必要があります。
    • 大腸の穿孔は致命的になる場合があります。特に、高齢の方は、一刻を争う病気です。
  • 卵巣嚢腫茎捻転
    • 下腹部の強い痛みが急に襲ってきます。
    • 原因は卵巣嚢腫が茎部で捻じれることによります。
    • 急性虫垂炎との区別が難しい場合があります。
    • 治療は手術で捻転を解除し、卵巣を温存できるかどうか判断します。
  • 急性膵炎
    • みぞおちから左上腹部の痛みで、脂っこい物を食べた後や飲酒後に誘発されることも少なくありません。
    • 痛みは膝を曲げて腹這いになると和らぐことがあります。
    • 超音波検査で、膵臓の腫大や膵臓周囲の液体貯留を認めることがあります。
  • 尿管結石
    • 腰の左右の部位が痛みます。
    • 激痛のことが多いです。
    • 血尿、冷や汗を伴うことがあります。
  • 狭心症・心筋梗塞
    • 狭心症では胸痛を自覚することが多いですが、みぞおちの痛みを訴える場合があり、注意を要します。
    • 診断が遅れると、致命的になることが多いです。
  • 解離性大動脈瘤
    • 大動脈の壁が裂けて、血液が大動脈の壁の中へ入ってしまった状態。
    • 急死する可能性がありますので、早期診断がきわめて重要です。

クリニック情報 Clinic Information

診療時間 Time Table

診療時間
午前
09:00~12:00
在宅医療
13:00~16:00
午後
17:00~19:30

□…在宅医療(往診)

休診日水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

クリニックのご案内 Access

〒534-0021
大阪市都島区都島本通3-28-12

地下鉄谷町線「都島」駅①号出口より 徒歩5分

お気軽にお問い合せ下さい。

TEL 06-6926-0103
FAX 06-6926-0104

恐れ入りますが、お近くのコインパーキングをご利用くださいませ

初診の方へ

事前に問診票を書いてお越しいただくと、スムーズに受付ができます。ご協力お願い申し上げます。問診票(内科用)ダウンロード 問診票(外科用)ダウンロード

当院のご案内 診療時間・休診日 アクセス 院内・設備紹介
PAGETOP
Copyright © 2019 祐クリニック All Rights Reserved.