大阪市都島区都島本通の内科・外科なら「祐クリニック」へ。当院は地下鉄谷町線「都島」駅出口1から徒歩5分の所にございます。内科の病気や外傷・熱傷などの外科治療などでお困りの方、在宅医療やがん緩和ケアをお考えの方、お気軽にご相談ください。

外傷・熱傷

祐クリニック公式ブログ「ゆうだより」です。院長・看護師・スタッフより、クリニックのこと、からだのこと、治療や看護のことなど、ときどきの気になるテーマについてお届けしています。

外傷

  • 傷は消毒はしてはいけません。水道水で洗います。消毒しても、感染の予防にはならないし、感染の治療にもなりません。
  • 傷をガーゼで被覆してはいけません。傷にくっつかない素材の被覆材を貼付します。傷は乾燥させると、治癒が遅れます。ガーゼは傷を乾燥させてしまい、痂疲をつくってしまいます。
  • 処置に伴う痛みが軽いのがメリットの一つで、特に子どもさんに向いている治療法です。
  • これが、夏井 睦先生が日本中に普及させようと尽力されている新しい創傷治療法です。
    夏井先生のホームページはこちらです。
  • 夏井先生が提唱されている創傷治癒の模式図はこちらです。
    創傷治癒の模式図(夏井先生のHPから引用) この模式図のように、真皮が少しでも残っていると、そこに存在する毛包から、表皮細胞が増殖を始め、やがて、創部を覆うようになります。

夏井睦先生と日大練馬光が丘病院、傷の治療センターにて 2016年9月6日撮影夏井先生の勤務されている練馬光が丘病院、傷の治療センターに2日間、見学に行ってきました。
ナースとともに、外傷、熱傷の患者さんの湿潤療法にあたられているのを、間近で見学し、本やネットではわかりづらかった疑問が解決しました。

熱傷

  • 水泡ができていない度熱傷なら、プラスチベースか白色ワセリンを塗布した食品用ラップあるいはズイコウパッド(市販の被覆材)で被覆する。
  • 水疱を形成した度の熱傷では、水泡膜をすべて除去し、プラスチベースか白色ワセリンを塗布した食品用ラップあるいはズイコウパッドで被覆する。
    患者さんは強い痛みを自覚しているが、このようにラップや被覆材で覆うと、すぐに痛みは軽くなります。早ければ、1週間程度で上皮ができて、何も覆わなくてよくなります。
  • 皮膚全層に達した度の熱傷でも、時間はかかるけれども、植皮術を行わなくても必ず上皮化します。処置の仕方はII度熱傷と全く同じです。手足の度熱傷の場合、安静にしないで、受傷初期から積極的に手足を動かすことが、その後の関節の拘縮の予防にとって重要です。
  • 度熱傷の1例をお示しします。
    76歳、男性 足のくるぶしのIII度の熱傷
    熱傷後すぐ治療開始後1週目治療開始後3週目治療開始後約1ヶ月半後
    高齢の皮膚全層の熱傷でも、手術で植皮しなくても、このように治癒します(新しい創傷治療より引用)

クリニック情報 Clinic Information

診療時間 Time Table

診療時間
午前
09:00~12:00
在宅医療
13:00~16:00
午後
17:00~19:30

□…在宅医療(往診)

休診日水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

クリニックのご案内 Access

〒534-0021
大阪市都島区都島本通3-28-12

地下鉄谷町線「都島」駅①号出口より 徒歩5分

お気軽にお問い合せ下さい。

TEL 06-6926-0103
FAX 06-6926-0104

恐れ入りますが、お近くのコインパーキングをご利用くださいませ

初診の方へ

事前に問診票を書いてお越しいただくと、スムーズに受付ができます。ご協力お願い申し上げます。問診票(内科用)ダウンロード 問診票(外科用)ダウンロード

当院のご案内 診療時間・休診日 アクセス 院内・設備紹介
PAGETOP
Copyright © 2019 祐クリニック All Rights Reserved.